下高井戸外伝~むしろ刀削麺食べある記~

JPN48のセンターとして弱肉強食の芸能界でもがいていました。 そこに降りてきた一本の蜘蛛の糸…それこそが刀削麺だったのです。 下高井戸から広がる食と愛の輪☆

脂塊のほとり 20101019

bb1f2f52.jpg
ラーメン大 下高井戸店 
ラーメン600円 アブラ味濃い目



諸君、餓えているか!?
餓えざるもの、喰うべからず!!
下高井戸革命党党首の瑠璃子でぇすドキドキ

一ヶ月くらいブログ放置していたけど、べ、別に理由があったわけじゃないんんだからね!勘違いしないでよねあせる
てなワケで、ブログ再開を祝って乾杯です。
乾杯の音頭はツンデレーエフ博士にお願いしましょう。

「ただいま紹介にあずかったツンデレーエフです。べ、別に嬉しくなんかないんだからね!あせるとにかく小日本の革命の日がまた一歩近づいたことに、乾杯!」

そんなわけで過去を振り返らず未来だけを見据えて生きて行こうと思うのですが、基本的に過去をうじうじ掘り返す方が、未来の設計より得意なこれまでの人生だったので、再開第一回目の記事は得意分野の過去回想といたしましょう。

さて、上に掲げましたのはラーメン大のラーメン600円、アブラ味濃い目でございます。
食べたのは2010年10月19日でございますから、今からざっと一月半も前のことでございます。
さすがにラーメン大、一月経っても写真のラーメンにまったく腐敗の色が見えないのはさすがでございます。
それどころか出来たてに見えますねドキドキ

ここ何ヶ月かでラーメン大の豚は劇的に変化したと思う。
以前はダンボールをちぎって雨ざらしにしたようなヘロヘロ豚だった気がするが、夏か秋頃から、今のような分厚くてモヒカンみたいに脂が付属した豪華絢爛豚に変化してきた。
この変化を瑠璃子は良しとしたい。
そしてトッピングのアブラっも大変優秀である。
以前はもっと粉砕されたアブラ片が野菜の上にかけられるだけだったように記憶するが、最近は脂身の塊がごろごろと盛られるようになった。
この変化を瑠璃子は天晴れと褒め称えたい。

そんなわけでいつも、二郎風に言えば小豚か豚ダブルにしようかなと思うのですが、トッピングのアブラが大変優秀な成績を上げてらっしゃるので、一銭でも安く肥え太りたい瑠璃子としては、どうしてもついただのラーメンでアブラトッピングということに落ち着くんですよね~。べ、別にあんたのために肥え太るんじゃないんだからねあせるか、勘違いしないでよねむかっあせる
そんなわけで、ラーメン大下高井戸店もすっかり瑠璃子の傘下に収まったというお話。

紅矢ならではの「お得感」に唸る美女 20101017


77622f7b.jpg

紅矢下高井戸店 
和風おろしハンバーグ
ご飯中盛り 500円



ひとつとして弁明できないと首を垂れていたが、ひとつとして弁明する必要もあるまいと気づいてからは心晴れやかである。

どうもこれまで外食をしてこなかった反動らしい。
中華そば専門店「木八」でラーメンを食べたすぐ後だというのに、おなかの中のわずかな隙間を埋めたくて、紅矢にきてしまった。弁明のしようもない。いや、弁明なんてしない!あせる
紅矢は主として東京西部に生息する、ハンバーグ定食とステーキ定食のみの簡潔メニューのチェーン店である。

ハンバーグ、ステーキともに通常のメニューは180グラムだそうだ。
ご飯は小盛り、普通、中盛り、大盛りとあり、中盛りで280グラムとかそのくらいだった気がする。

卓上の調味料はお醤油(またはステーキソース?未確認)、胡椒、酢?、揚げニンニクチップ、マスタード。

和風おろしハンバーグはポン酢風のタレが写真にように鉄板に載ってくるので、これを好みに合わせてかけまわせばよろしい。
マスタードを肉につけて食べてみたが、にわかにマクドナルドのハンボゴ風になったので瑠璃子としてはお勧めしない。
胡椒がいいアクセント。「あくさんてぎゅドキドキ」って抱きしめたくなる(?)。

これしきの野菜でハンバーグひとつに対する栄養素関連の諸問題を解決できるはずはないが、野菜もそれなりにおいしいので平らげる。

食べ終わったら伝票を持って立ち上がり、入り口脇のレジで「ちゃりん」と五百円玉ひとつお姉さんに渡して去っていく。その後姿は、我ながら美女の典型と思って惚れ惚れ。

安くて料理が早いから、牛丼屋的な使い方が出来る上に、内装は白くて瀟洒な印象なので、なんともハードボイルドな気がして、割と気に入っているお店です(まだ二度目の訪問でしたがあせる


中華そば専門店「木八」は趣味の合う店だ 20101017


3efd48c5.jpg

ラーメン 650円


前回までのあらすじ
日曜日だというのに奴隷労働に駆り出されホウホウノテイで下高井戸に逃げ戻った瑠璃子は、今日の晩御飯をどこでしたためようかと、腹をさすりながら腹案を練るのであった・・・


迷ったときの「ラーメン大」頼み、というわけで行ってみたら、日曜日は17時で営業終了。
そういえば数日前に行ったときにそんな掲示があった。
それどころかその日の食い尽くし日記にちゃんと転記していた気もする。

路頭に迷ったので、既訪店頼りの保守的な態度を改め、新たな味を求めて革命的意志に満ちた一歩を踏み出すことにした。

とはいえ居酒屋はヘベレケになる恐れがあるし、その他の候補店も日曜日はお休みが多い。
適当にラーメンあたりでやり過ごそうと思ってやってきたのが、下高井戸最古のラーメン店と噂される「木八」。

京王線の改札を出て左の階段を降り、ドトールや日高屋方面に歩く。携帯電話屋のある最初の丁字路を左に折れて少しいくと右手に暖簾を出しているのがこの店だ。

午後八時少し前に入店。他に客はなし。
愛想のいいおじさんが一人で鍋をぐつぐつ煮込んでいる。豚骨の香り。
ラーメンを頼んで店内のテレビをぼんやり見る。
お、NHKだわ。
アメブロ的に脳味噌が拝金主義に毒され尽くしている民放ではなく、NHKをかけているところが好感触。
NHKだってそりゃ御用テレビ脳だろうけど、ニュースまでうるさい民放とは違って、みていて疲れない。
食べているうちに始まった竜馬伝だか何かの大河ドラマは、形式主義的保守反動のきわみで見るに耐えず聞くに堪えなかったが……大河ドラマの書割的な舞台と、常に脳卒中の危険を孕んている力みかえった台詞回しは、世界の恥だから早くやめてください。
ついでに竜馬崇拝も適当なところでやめるぜよ。


回転寿司「まぐろ人」で重量級の腹ごなし 20101016


36843ff0.jpg

まぐろ人 「鮭三種盛り」400円程度




さて、前回の投稿をご覧になった方ならよくご存知のとおり、瑠璃子と、瑠璃子の妹分にしてリアル妹のゾル豚中将(ぞるとんちゅうじょう)は中華帝国の食の歴史を堪能しつくしたのであった。

カランカランと扉の鐘を響かせ、天上の皇庭餃子房から下高井戸の雑踏へ出る。
腹と心が満ち足りていて、このままどこまでも歩いていきたい。

「それにしても満足し尽くしたねえ、中将?」
「さいですかね」
「中華帝国の食の歴史には圧倒されるよ。中華の前には小日本の惨めさばかりがクロースアップされるねえ」
「ふん」
「身も心も中華色に染まったから、もうこのままアヘン窟の片隅でヨイヨイになって物故しても悔いはないねえ」
「けっ」
どうも中将の様子がおかしい。
「どうしたの、中将」

「ふん!姉貴、いつからそんなに中華の走狗になっちまったんですかい?あっしもそりゃ中華料理は好きだ。だが脂っこすぎてよくねえ。こちとらちゃきちゃきの江戸っ子よ。どうしたって銀シャリで腹を満たさなきゃあお天道様の下は歩かれねえ!」
「妙なことをいうね。中華の走狗?中華を崇め奉るのになんの問題があるだろう。中華は文明の母だ」
「へん、母だか父だか知りませんがね、こちとら銀シャリ詰めにゃあ腹はくちくならねえんだい!」
「中将、ひとつ言っておくが・・・」
時節柄、尖閣諸島に話題が及びそうになって、勢い下高井戸西友前でも姉妹紛争が勃発の危機だ。

そこへニコニコとした布袋腹の老人がひょっこりと現れて声をかけてきた。
「これこれ、食事のことで言い争いをしてはいけませんぞ、お嬢さん方。食事はにっこり幸せの素じゃ。ほれ見なされ、そこの回転寿司屋「まぐろ人」で食事をしているみなの笑顔。あれこそが正しい食事のマナーというものじゃよ」
「ご老人・・・!」
「おやおや、お立ちなさいお嬢さん。涙を拭いて。せっかくの美しい顔が台無しじゃ」
「美女の泣き顔は絵になると思っていますが、そういっていただいたのだから泣き止みます。ご老人、お言葉、身に染みました。これで瑠璃子と妹のゾル豚中将は再び下の仲良し姉妹に戻れます。『笑顔こそが食事のマナー』。まこと心を打たれました。ありがとうございます。せめてお名前を」
「ほっほっほ、名乗るほどのものではないが、人はワシをまぐろ老人と呼ぶ」
急に風が吹いたかと思うと、老人は夢か幻のように消えうせていた。後に残ったのは瑠璃子とゾル豚中将ばかり。
その二人を、ガラス張りの「まぐろ人」の明かりが明々と照らし出している。
「中将、入ろうか。へへへ」
「そうでげすね、げへへへ」

そんなわけで二人は皇庭餃子房の五分後にまぐろ人に入店したあせる
満腹なのにあせる


それにしてもまぐろ人は人気のお店である。
下高井戸の寿司屋といえば、元マクドナルドの隣に鎮座する旭寿司がめっぽう有名らしいのだが、線路の北側に住んでいる瑠璃子としては、回転寿司とはいえ「まぐろ人」の満員御礼ぶりにいつも驚かされていた。
土日の夕方から夜ともなると、ガラス張りの店内から外の商店街まで二三十人が行列を作って、寿司の回転を見ようとわくわくして順番を待っている。
回転寿司に対する根深い軽蔑の気持ちがいつの頃か瑠璃子には芽生えていたので、その行列を見るたび、下高井戸の食の貧困を嘆き、下高井戸住民のエンゲル係数向上を天に祈り続けてきた。

ところが中将と入店してみて、瑠璃子はにわかにまぐろ人シンパと成り果てたのである。
並ぶの、わかる!
回転寿司といっても、値段も味もそんじょそこらの寿司とは桁が違う。
これは美味である。

だいたい回転寿司といっても高級なお勧めネタはめったに回ってないから(入店が遅かったせいもあるだろうが)、瑠璃子と中将はとうとう回転ベルトのお世話にはならずに、板さんに「うにひとつ!」「アンキモひとつ!」と直接注文していたのであったあせる
そのことを思えば寿司屋のカウンターに安価で坐ったということも出来る。インテリアとしてたまたま目の前をベルトが回っていたに過ぎないあせる

腹は満ちていたが、おいしいものは別腹なのであった。
中将には中華腹と和腹があるのかもしれない。

生サバ、生シラス、鮭、アンキモ、カワハギの肝和え、うに、青柳等を分け合って食べて、会計は二人で2600円ほど。

高いといえば高いが、要は満足するかである。われら二人は満足の満足を重ねて、家路に就いた。


ところで皿の自動計算機を初めて見た。
バーコード読み取り機みたいなのを皿の山にかざすと、たちどころに「9皿、2600円ですね~」と答えが出てくるらしい。
いっぺん使わせてみてほしい。
どういう原理なのだろうか。
そして製造会社はほかにどんなものを作っているのだろうか。



8e18937e.jpg

カワハギの肝和え(?) 500円強

皇庭餃子房でプチ満漢全席気分風 20101016

こんなはずではなかった。
どんなはずでなかったかというと、・・・


b63b86e1.jpg

まさか・・・

7f1ef189.jpg
こんなに・・・

123c846f.jpg

食べ尽くすことに・・・

9e275156.jpg

なろうとは・・・

一枚目:ピータン豆腐、豚肉とニンニクの芽炒め、鶏肉のサクサク揚げ
二枚目:牛肉レタスチャーハン
三枚目:豚の串揚げ
四枚目:海老のチリソース



全ての発端は、瑠璃子の妹分にしてリアル妹でもあるゾル豚中将(ぞるとんちゅうじょう)がやってきたことであった。

「何か食いに行きやしょうぜ、姉貴」
「おう、ちょうどいいところに来た」
「げへへ、そろそろ姉貴も一人飯が寂しい頃じゃねえかと思って来やした。下高井戸の旨いドコロの二つや三つ、あっしに奢ってくだせえよ」
「バカやろう、手前の食い代くれぇ手前で何とかしろい。が、ちょうどよかった、二人分の胃袋と二人分の財布がありゃあ、いっちょ派手にぶちあげてえ席がある・・・」

というわけでゾル豚中将が遊びに来たせいで、皇庭餃子房の特選安売りメニューを貪り喰らうことになってしまった。
こまった妹である。

で、プチ満漢全席風、というか、豪華な夕食。
瑠璃子は二日続けての皇庭餃子房。キャンペーン品目しか頼まないイヤな客と思われてしまったかもしれないが、そんなことでめげるような瑠璃子ではない。残酷な運命にもてあそばれるのは慣れている。

ビール中瓶で乾杯、ザーサイをつまみに出してもらい、ピータン豆腐と鶏肉のサクサク揚げ、豚肉とニンニクの芽炒めを賞味する。
ゾル豚中将はかつて中華料理が好きではないといっていたが、最近はすっかり大丈夫になったようだ。
ピータンを食べていれば幸せと頬を緩めている。

鶏肉のサクサク揚げもカラリと軽く揚がっていて、ビールのつまみに最適。
ニンニクの芽炒めも、ニンニクの芽と豚とタケノコの三位一体が、神の千年王国ならぬ中華四千年の歴史をまとって輝いている。端的に旨い。

中将たっての願いで、昨晩も食べた牛肉レタスチャーハンをとる。
相変わらずどっしりとした米とレタスの魔力を感じる一品だ。
ついでにエビチリも食べたいというが、それではあまりにも昨晩の瑠璃子の晩餐と同じ内容である。

エビチリを許可する代わりに、こっちはこっちで新規開拓を目指そう。
豚の串揚げというのを注文してみる。
まあ串カツのようなものだろうと思って待っていると、予想より遥かに洗練され、よりボリュウミイで、より酒の肴となりそうな一皿が到着した。
焼き鳥よりも大振りに切った豚肉が、一片一片爪楊枝の先に引っ掛けられて、そのまま揚げられている。
肉の先から頭を出している爪楊枝をつまんで、前歯ですっと引き抜けば、口中に広がる豚の祭典。
手に残った爪楊枝を突き上げ、長崎くんちでも踊りだしたい香ばしさだ。
これは相当にハイセンスだぞ。
味と見栄えがアウフヘーベンされて、中華帝国の食の歴史がこの一皿に流れ込んだような楽しさだ。

食べ過ぎて油が胃に重くなってきてもいたので、卓上の酢を串揚げの上に落とし、軽く胡椒も振ってみる。
また別の豚の舞い踊りが舌を激しく喜ばせる。

油を紹興酒で流して、中将と瑠璃子大納言の激しい一夜は終わった。

どれもこれもセール中の料理だったので、二人で〆て4000円あまり。


中華皇帝に三跪九叩頭。







瑠璃子大納言ってだあれ?

瑠璃子大納言

JPN48の絶対的エース。
その高貴な生まれと高貴な顔立ちから、
「瑠璃子大納言」
と畏れ崇められているが、ひとたびその蕩けるような笑顔を見れば、誰もが母性本能を揺り動かされずにはおれない。…という設定。
誕生日:生まれるべくして生まれたその日
血液型:血液型に縛られない生き方という選択
地域:東京のあなたの心の中

内容別・地域別
最新コメント
ギャラリー
  • とりビアー下高井戸店、6/25オープン予定!
  • とりビアー下高井戸店、6/25オープン予定!
  • 気になる!「官展にみるそれぞれの近代美術」(府中市美術館)
  • 信時潔『海道東征』を熊本県立劇場で聴く
  • 信時潔『海道東征』を熊本県立劇場で聴く
  • 信時潔『海道東征』を熊本県立劇場で聴く
  • 信時潔『海道東征』を熊本県立劇場で聴く
  • 信時潔『海道東征』を熊本県立劇場で聴く
  • 信時潔『海道東征』を熊本県立劇場で聴く
  • 信時潔『海道東征』を熊本県立劇場で聴く
  • 火の国へ~信時潔『海道東征』を聴きに~
  • 「ぜんぶ雪のせいだ」
  • BOOK OFF桜上水駅前店 2/28で閉店
  • せい家(下高井戸) ラーメン500円のお値打ち感
  • せい家(下高井戸) ラーメン500円のお値打ち感
  • せい家(下高井戸) ラーメン500円のお値打ち感
  • せい家(下高井戸) ラーメン500円のお値打ち感
  • せい家(下高井戸) ラーメン500円のお値打ち感
  • せい家(下高井戸) ラーメン500円のお値打ち感
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海② 夢のリニアモーターカー
  • 霞む上海① 空の上から「新年好!」ANA959便(JA618A)
  • 霞む上海① 空の上から「新年好!」ANA959便(JA618A)
  • 霞む上海① 空の上から「新年好!」ANA959便(JA618A)
  • ライブドアブログ