3efd48c5.jpg

ラーメン 650円


前回までのあらすじ
日曜日だというのに奴隷労働に駆り出されホウホウノテイで下高井戸に逃げ戻った瑠璃子は、今日の晩御飯をどこでしたためようかと、腹をさすりながら腹案を練るのであった・・・


迷ったときの「ラーメン大」頼み、というわけで行ってみたら、日曜日は17時で営業終了。
そういえば数日前に行ったときにそんな掲示があった。
それどころかその日の食い尽くし日記にちゃんと転記していた気もする。

路頭に迷ったので、既訪店頼りの保守的な態度を改め、新たな味を求めて革命的意志に満ちた一歩を踏み出すことにした。

とはいえ居酒屋はヘベレケになる恐れがあるし、その他の候補店も日曜日はお休みが多い。
適当にラーメンあたりでやり過ごそうと思ってやってきたのが、下高井戸最古のラーメン店と噂される「木八」。

京王線の改札を出て左の階段を降り、ドトールや日高屋方面に歩く。携帯電話屋のある最初の丁字路を左に折れて少しいくと右手に暖簾を出しているのがこの店だ。

午後八時少し前に入店。他に客はなし。
愛想のいいおじさんが一人で鍋をぐつぐつ煮込んでいる。豚骨の香り。
ラーメンを頼んで店内のテレビをぼんやり見る。
お、NHKだわ。
アメブロ的に脳味噌が拝金主義に毒され尽くしている民放ではなく、NHKをかけているところが好感触。
NHKだってそりゃ御用テレビ脳だろうけど、ニュースまでうるさい民放とは違って、みていて疲れない。
食べているうちに始まった竜馬伝だか何かの大河ドラマは、形式主義的保守反動のきわみで見るに耐えず聞くに堪えなかったが……大河ドラマの書割的な舞台と、常に脳卒中の危険を孕んている力みかえった台詞回しは、世界の恥だから早くやめてください。
ついでに竜馬崇拝も適当なところでやめるぜよ。