皇庭餃子房 下高井戸店 20101201

64b8d2b5.jpg

長焼き餃子 定価525円・・・が、水曜夜のみ特別に半額!!




冬めいて来て、瑠璃子の体もぬくもりを求めているの・・・ラブラブ
体の奥底に熱いものを導きいれたい・・・ラブラブ


そんなときはやっぱりラーメン大で盛大に食うんだい!と、
韻とステップ踏み踏みワザワザ瑠璃子様がお出かけになったというのに、

なななんとむかっ

低劣な民が強烈な行列を繰り広げてゐるではないかむかっ

こんなにいつも民の平和だけを考えて生きている瑠璃子なのに、
どうして民から敬意も払われず一緒に行列しなきゃならないのむかっ
信じらんない、もう知らない!!むかっ

ふんだ、行列になんかならんでやんないんだからねむかっ、てなわけで、
つくづくと革命の必要を痛感しながらおうちへ帰ろうとする。

でも・・・帰っても一人。 尾崎放哉


どうしよう・・・
そうだ、中華皇帝の治外法権の地、皇庭餃子房で棒餃子をやらかすことにしましょう音譜


皇庭餃子房は水曜日夜のみ棒状の焼き餃子が半額。
通常定価が500円+税なので、水曜夜だけ250円+税ということになる。なんと!


ビールの中ビンと突き出しのザーサイを賞玩しつつ餃子の到来を待つ。

e75ee3e1.jpg

ビール中瓶 500円くらゐ


遠からず夜の22時だというのに、店内は大盛況。
ほぼ満席で、みんなチンタオや紹興酒を呷って大変にぎやかである。
はたと気づく。
「そ、そうだったのね・・・瑠璃子の心を勇気付けようと、みんな賑やかにしてくれているのね・・・おお、集いし下々の民よ!」
瑠璃子のビールに涙が落ちる。



餃子到来。大変に熱く、以前から必ず口中をやけどをしているので、
細心の注意をして噛み千切る。
基本的に水餃子党なんだけど、
ビールに合うのはやっぱり焼き餃子ね!


ついでに少々ご飯モノも下腹部にめり込ませたくなったので、菜譜を手に取る。
瑠璃子の好きなものはなんといっても五目焼きそば。
でももっと好きなのはお粥ねラブラブ

これまで気づかなかったけどお粥が何品かあるじゃな~いドキドキ
そこで、

4e25b112.jpg

ピータンお粥 630か680円


いろいろと野菜がぶち込まれてるお粥はあまり中華粥では食べたことなかったんだけど、
さっぱりとした味つけでおいしくいただきましたわ。


そんなこんなで今日も下高井戸の夜は更けてゆくのであった。