acc7e317.jpg

大中華を賞賛する小日本の瑠璃子としては、しょっしゅう行われる皇庭餃子房の525円キャンペーンが大変嬉しいのであった。

この店を知った最初の頃には、「夏の525円キャンペーン」的なチラシを配布されて、
「ここここれはあせるいいいいかなきゃ損するあせる
と、今が夏で皇庭餃子房のキャンペーン時期に巡り合わせたことを千載一遇の大チャンスと上帝に感謝し尽くしていたけれど、案外月に一度くらいはキャンペーンをやってることに気づいてからは実はほとぼりは冷めちゃった。
冷めちゃったので毎キャンペーンに2度ずつくらいしか行かなくなったのでありますあせる←行き過ぎ?あせるあせる

今回のキャンペーン内容は上掲の写真の如くである!!小日本の人民諸君は馳せ参じサンキキュウコウトウせよ!!

福建風酢豚が旨いんだよね。今回のメニューにはないけど。

これまでは「本場の味をチープに堪能してね」と、いささか照れちゃう英単語が使われていたが、今回はチープ→リーズナブルに。しかし「リーズナブル」を濫用する小日本ってなんなの?
大中華は小日本なんかにおもねらなくてよいのよあせるあせる

ところで皇庭餃子房と検索するとどうやら他にも同名の店舗が存在するらしい。
支店というかチェーンというか、関係はあるのかしら。
ないとは思われないのだけれど。
今度店の大将に聞いてみよう。