北杜夫氏がさる10月24日に亡くなっていたことを、友人の北杜夫仲間から聞いて知りました。

「お悔やみ申し上げます」という定型句や
合掌という「形式」は、
時として人を救う。

どう対処してよいのか判らない事柄に出会ったとき、形式は人を動揺から救う。
形式に流されまいとする気持ちもある。
だが今はしばらく斎藤宗吉を失った世界の混沌から逃れ出でていたい。

合掌。