49c8b480.jpg

2012年1月2日~2月19日まで、東京国立博物館にて。目玉は誰が何と言おうと「清明上河図」一択だわよね!!!!


拝啓 中華皇帝陛下様。
あなたのお住まいである紫禁城に憧れ続けて馬齢を重ねて参りました。お住まいにお邪魔出来る日を夢見て日々の労苦に耐えてきました。
実は二年ほど前、とうとう訪問させていただきました。
ちょうど皇帝陛下様はお留守だったみたいですね。残念です。

だだっ広い敷地に黄金色の甍がナミナミと広がって、流石宇宙の中心だなあと感極まる思いでした。
けれどちょっと殺風景でしたよね。あ、ゴメンナサイ。聞けば家財は台湾にあるとのこと。
なるほど。
ええ、そんなわけで先日台北故宮博物院にも初めて顔を出させていただきました。こちらもお留守でしたね。重ねて残念です。
北京と台北、2つの故宮博物院を併せてソフトとハードが完備するのだ、と伺いましたけれど、いやあ、まあ、近々2つが元の1つに戻ることはないでしょうし、政治的意味でも1つに戻るのは摩擦が大きすぎて正直なところイヤな感じです。
ですから2つの博物院はそれぞれ別個のものとして見るのがよいのでしょう。そして瑠璃子が気に入ったのは明らかに北京の方でした。
空っぽだけど圧倒的な建築群。
瑠璃子はハコモノに興味を抱く性質のようです、なんてねドキドキ
実は建築が好きなんです。だから北京なんです。
空っぽでもあのイラカがあればいいか~なんて、駄洒落の1つでも言いたくなるほど、建築ラヴドキドキなご機嫌瑠璃子です。

でも、ということは、「北京故宮博物院200選」といったって、まさか太和殿を出品というわけにも行きますまいから、台北故宮博物院の絞りカスがお目見え?
「中華皇帝陛下様かみんぐすーん」と盛り上がっていた瑠璃子の気持ちも、よくよく思えば盛り下がらざるを得ないわけです。

ところが!!
なんと清明上河図が来るんですね!!

ハコモノ趣味な瑠璃子でも多少は絵心がありまして。
何しろ歴代王朝で一番好きなのは宋、最初の中国旅行で杭州・開封にお邪魔したくらいなんですから、清明上河図は近年希な特大お年玉です。
正直なところ清明上河図には中国でお目にかかりたかったところではありますけれど、お越しいただけるならば歓迎します。
狭くて汚い東夷の家ですけれど、中華皇帝陛下様の御名代でらっしゃる清明上河図様なら過ぎる程の歓待体制でお待ち申し上げておりますわ。

かしこ


追伸 今度瑠璃子が北京にお邪魔した時は、中華皇帝陛下様、お家に是非いらっしゃらなきゃイヤよ!瑠璃子、オメモジ致したくってよ!