774b4d32.jpg

体内にドメスティックなヴァイオレンスをもたらす火鍋。
期間限定でお得な2980円コース(一人当たり・飲み放題付)で激しく燃えさかった(唇や胃が)。


最近過去の後追い記事ばかりなのだけれど。

瑠璃子が敬愛してやまない美食の四天王・西安刀削麺酒坊で火鍋を食べた。
これが容赦なく美味しく、かつまた痛かった(身体的に)。

食べるに至った経緯なんぞは「美味しそうだったから」に尽きるのだから、今日ばかりは贅言を止して、ただ画像の残虐な赤にすべてをゆだねよう。

ああ、なんと言う気高き赤!
それはまるで凶暴な血潮の奔流。
挑む者を興奮の渦に叩き込むカーニヴァルのファンファーレ。

「こ、これを…欲望のままに貪り尽くしたら…ちょっと無事ではすまないわね…」
瑠璃子の中の被虐心が炎を上げる。

この赤に惨い仕打ちを受けたい…
体内をくまなく蹂躙されたい…

三島由紀夫が『薔薇刑』ならば、瑠璃子は「唐辛子刑」と「花椒刑」。

誰しもが持つであろう「愛しつくした報いを受けてこの身が滅ぼうとも厭いはしない糸魚川」の決意で猛然と火鍋に襲い掛かった。

ちなみに火鍋の注文は二人から。
今宵のお相手は、おなじみ「浅草橋の友人」。

赤い唐辛子&花椒スープと、おそらくは鳥のだしと思われる白湯と、2種類を食べ比べられる鍋構造だけど、ここはどうしたって共産主義的にならざるを得ない。
おお赤よ!赤よ!赤よ!!
「ぎゃー!!」
「し、痺れるー!!」
お店の入口には「薬膳」の証として各種香辛料がディスプレイされているけれど、薬膳で身体が良くなる前に唐辛子と山椒で焼け爛れそう。
d263fe2d.jpg



いや、しかし、これは本当に美味しい。
肉や魚介や野菜を、
「しゃぶしゃぶ~」
とスープにくぐらせ、特製のゴマダレに付けて食べるのだが、辛味といいゴマの香りといい、ちょっとこれはもう、
「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ」
と山口百恵的に臣下の礼をとらざるを得ない美食の須弥山。

辛くて痛いけれど、それも含めて唯一無二の火鍋の芸。

堪能しつくして、ああ、もう、ああ。


火鍋登場までのつまみと箸休めとで、豚の胃の和え物と回鍋肉を頼んだ。
01e91027.jpg

豚胃の辛味ソース和え

17805dde.jpg

半額の一品、ホイコーロー


結局いつものように紹興酒の瓶が浅草橋に摩天楼を築きましたとさ。
刀削麺の他にも今後は究極の火鍋も追い求めることにしました。

瑠璃子の体内、真っ赤になっているんじゃなかろか。