CIMG4168

陳家私菜新宿店で元祖・麻辣刀削麺750円を食べました・・・のですが・・・。




新宿の刀削麺屋を軒並み食べつくそうと誓ってはや幾歳。
陳家私菜新宿店はかつて入ったことのあるお店ですが、「そういえば麻辣を食べてはいないのでは?」。
基本的に麻辣刀削麺を至高(そしてユーポーが次点)と崇める原理主義者瑠璃子。
麻辣刀削麺を食べていなかったとあっては末代までの恥であります。

お昼時間に余裕のある日、ふらっと新宿まで足を延ばしました。
CIMG4162

新宿駅から向かうと多少時間がかかります。文化学院大学の裏、というとほぼお分かりいただけますでしょうか。


時刻は13時半。
ランチタイムは14時か14時半までのようなのに、すでに閉店準備が始まっている様子。
「入ってもいいですか?」
中国人のおばちゃん店員に聞くと、仕方ないというように窓際の相席へ。
店内はガラガラですが、相席のテーブルも広めなのでまあ良しとしましょう。
せかされて「元祖・麻辣刀削麺」を注文します。
CIMG4163

待つ間にメニューをしげしげ。
んん!?
字が小さいですが「お好みで香菜入れられます」「ランチタイムは無料で大盛り可」の文字が。
なんてことでしょう><
香菜を入れなくては!と追加で頼もうとしたところ料理到着。
今更頼むのもちょっと気が引けました。

どうもここの店員さんは、瑠璃子が愛する中国の人の素直さを完全に抜き去って、日本的な冷たさを注入したような、つっけんどんな感じ。
厨房の近くに
「水餃子ランチタイム無料サービス」と書かれたホワイトボードがあったのですが、
「自分で取りに行くのかしら、持ってきてくれるのかしら」と思いながら麺をすするうちにさっさと案内撤去。

 う~む。
 刀削麺の味はいささか特徴的。
担々麺かしらと思うほどゴマの味が強く、これはこれで美味。
ただランチタイム後半だと茹で湯の劣化が激しく、麺がドロドロとしているのが気になりました。
香菜の代わりにカイワレ系の青菜が載っており、ほんのりと効いたピリ辛感が刀削麺に結構合います。

CIMG4169
きれいさっぱり飲み干しました。
胡椒の効いた塩ラーメンに花椒と唐辛子を振り入れました、といった風味でした。



今度は店員さんに気持ちよく迎えてもらえるよう、ランチタイム終わりかけに来るのは止めよう。
それに早く来た方が麺の茹で湯もすっきり綺麗で美味しいに違いありません。

・・・と思いきや一向にランチタイムは終わらず、瑠璃子がお店を出るときにも何人かが入れ違いに入ってきていました。

う~ん・・・水餃子、どうやったら食べられるのか。
けれど印象があまり良くないので、しばらくこちらに行くことはなさそうです。

CIMG4170

陳家私菜 新宿店
昼総合点★★☆☆☆ 2.0

関連ランキング:中華料理 | 南新宿駅新宿駅都庁前駅