CIMG4865
iPad mini 32GB 白。wifi版。36800円。
高かった・・・高かったぞ!!!!!とフリーザ。

iPad miniとの出会い、いさかい、別れ、友情・・・。
「てかiPad miniって実際どーなの?」というあなたに贈る、今年一番のハートフルショッピングダイアリー。




瑠璃子はアップルが嫌いだ。
秘密主義、他企業と足並みを揃えない独自規格、使用者の声を徹底して無視する傲慢ぶり、甚だしい自画自賛・・・。
さっさと滅ぶべき企業だと思う。滅んでください。

瑠璃子は以前にも語りました、アップルなんて糞くらえだと。
その気持ちは変わっていない。そう、変わっていないのだ!
・・・わかってくれるかい?ゲルトン?

「おうおうおう姉貴。言うだけならなんだって言えまさぁ。
「アップルは滅びるべきでアンドロイドの千年王国が待ち遠しい」ねえ?
それだのに? iPad miniを?買ったぁ?
へっ、どういうことなんですかい?しっかりとした申し開きが楽しみでさぁ!
そうだ姉貴、もし姉貴の言い訳があまりにひでぇざまだった日にゃあ、いっそあっしがiPad miniをボッシュートして、林檎様々、ありがたく使わせてもらいやすぜ?・・・げへへ」
欲望だけを練り上げた泥人形のようなこの人はゲルトン中将。瑠璃子の同居人兼妹分にしてリアル妹、そし今は慾に憑かれたおぞましい餓鬼だ。
 
「さ、察しが悪いなゲルトン
私は深窓の令嬢の中の深窓の令嬢。深窓過ぎて、いっそ窓なんて無いくらいの環境がお似合いなわけだ。つまり無窓、ノー・マド・・・そんな私だからこそiPad miniはうってつけだろう
「無窓・・・ノー・マド・・・ノマド・・・」
感動のあまりゲルトンが絶句している間に購入記をどうぞ↓
ちなみに断じて瑠璃子は欲望に負けて節を曲げたわけではない


「iPad miniがほしい!」
と、ある日瑠璃子は思いました。 
「欲しい欲しい欲しい!!」
と思いました。
「買おう!」 
と思いました。
「なぜ欲しいの?何に使うの?本当に必要なの?」
と良心が必死に囁きかけてきましたが、インターネットで
「瑠璃子 iPad mini 目的 理由」
と検索しても、表示件数はゼロ。
「きっと、この問いは現代の知の水準を超えちゃってるんだ・・・」
と思ったので、それ以上は問わないことにしました。



ヨドバシカメラ新宿西口店。
「こちらのiPad mini、ポイントはいかほど付きますの?」
「こちらはポイントつかないんすよぉ~すみませ~ん」

ヤマダ電機新宿西口店。
「こちらのiPad mini、ポイントはいかほど付きますの?」
「こちらはポイントつかないんすよぉ~すみませ~ん」

なんだオイコラ、林檎。ぼろい商売してるじゃないか。



そこで家に帰って安いお店を検索してみる。
すると意外な事実が。
iPad miniのwifi版は、ソフトバンクかアップル直営店で買うと、ソフトバンクのwifi接続権が2年間無料でもらえる。つまり割引なし・ポイントなしの量販店で買うよりも、アップル直営店で買う方がお得である。

そんなわけで次の休みに瑠璃子は渋谷のアップル直販店に出かけました。
CIMG4831

店内にはいけ好かない「ウィンドウズは性に合わないんだよね、個性的だから俺」なお客と、「こういう時代だからこそ対面販売重視の姿勢をアピールしたいんですよね、個性的だからわが社」な店員がびっしり。

立ち飲み屋みたいなカウンターにiPadやらmacPCやらが大量に並んでおり、
「どうですかぁ?ノマドしたいですよねぇ。じゃんじゃん触ってみてくださ~い」
と青い揃いのTシャツを着た店員が客一人一人の顔を覗き込んで大げさにうなずいたりしている。
アメリカ産のだらだら長い「スタイリッシュ」なドラマを地で行っているような・・・「へい、カモぉンww最近のアメリカの会社にはデスクなんて無いよおww!デスクに縛られているのは東洋の猿だけだネ」とスターバックスで立ったまま数千万ドルの商談をまとめるのが真のビジネスだろ?、みたいな・・・

「あ・・・・・・これは・・・本格的に瑠璃子がムリな感じだ・・・」
と思ったけれど、一時の恥を忍ぶくらいには、名誉というものの本当の重みを知っているのが瑠璃子である。
「あいぱっどみにを ひとつ ください」
鉄仮面。
「OK!ブラックorホワイト?」 
「くろをください」
「OK!何GB?」
「さんじゅうにぎがばいとをください」
「OK!」 
そんなわけで購入完了。
黒を頼んだんだけど店員さんが間違えて白を倉庫から出してきてしまって、
「黒の32GBですね・・・って白を持ってきちゃった!ソーリー!!ミステイク!」
と引き返そうとしたけれど、瑠璃子はようやくその人間らしい失敗を
「善きかな」
と認めて一息つけた心地がしたので、白を買ってきました。

CIMG4857
かじりかけの林檎の絵がついたズタ袋です。


CIMG4861
iPad miniの箱です。 


以上、購入に及んだ瑠璃子のとてつもない精神的労働の記録でした。

ちなみに買ってからかなり経ちますけど、ええ、良いです。寝ながらネットに最適です。てへ
外でのノマドワーク?
深窓の令嬢は労働しませんので・・・


しかしまあ、まだ重いです。もっと軽くなるべきです。
そしてやっぱりアップル的な使用者無視の部分が気になります。
実は古いiPod touchを昔から使用してはいるのですが、インターネットに満ちたUI改善要求を、アップルは何年も無視し続けています。
「世界共通規格」だの何のといった利便性や話題性が、地域や言語的ローカルな使いやすさの工夫を殺しています。
アンドロイドがもっとしっかりとした動きをするようになればアップルなんて滅びます。
今はiPad miniを便利に使っていますが、やっぱりアンドロイドの千年王国を待ち望む気持ちに変わりはないですね。

ま、いいや。いずれ続報を書きます。素敵な周辺機器があるんです♪
カミングスーン。 




大きな地図で