CIMG6041
とにかく無線時代。有線マウスや優先キーボードとはサヨウナラ♪
瑠璃子初の無線キーボードは念願のハングルキーボードでありました。
その使用感等。 



去年ソウルへふらっと遊びに行ったとき、
「さて、何しようかしら」
「そうだ、ヨンサンへ行こう!」
韓国の秋葉原といわれる一大電子街へ。
龍山と書いてヨンサンです。

お目当ては韓国語のキーボード。
出来れば軽くて、小さくて、電池の持ちもいい無線キーボードがいいわね!
驕慢な美少女的わがままいっぱいの希望を胸にヨンサン入り。

ちなみに韓国の電気街も中国と似て、ヨドバシカメラといった大規模店舗はあまり見ないように思います。
小さな店舗が延々連なっているようなモール形式(?)が中心。
秋葉原に例えるならば、ヨドバシAKIBAではなくてガード下のラジオセンターのような感じです。

そんな渋い電子迷路の中を瑠璃子は進んでいきました。
「ハングルキーボード・・・出来ればブルートゥース・・・」
そんなことを呟きながら物色していると、
「ブルトゥス?キボドゥ?」 
暇そうな店番のお兄ちゃんが声をかけてきました。
その後値引き交渉をして購入したのがこれ。CIMG5240
 

いくらで買ったのだったか、今となっては記憶がない。
けれど日本に比べてべらぼうに安いということはなく、1500円位はしたのでなかったかと。

使用説明書。
CIMG5244


ミニUSBで充電。ブルートゥースで接続。
 CIMG5246

まあこのキーボードを長らく死蔵していたのですが、iPad miniがうちに来てからはたまに繋いで遊んでいます。

ブルートゥースはなぜか電池のへりがやたら早くて、今の瑠璃子ならば敬遠してしまうところだけど、それでもこの子は結構充電長持ち。

iPad mini購入時に書いた「素敵な周辺機器」とは、この子のことなのでした♪
日本でも輸入商から買えるようですがやっぱり高いです。
なかなかいい買い物でした。
ちなみに。別に韓国語が出来るとか、韓国語を話す必要があるとかってわけではありません。
しかしこの日本によく似た言語と文化はとても興味深く、知れば知るほど己を知ることにつながっていく感覚がとてつもなく新鮮で楽しいです。