CIMG6169
 
 ええ、そうよ先日思わず「桂花美味しい!」と雄叫びあげちゃったのは、きっと何かの間違いよ、太陽がまぶしかったからよ!!
・・・と強硬に否定する必要は全くなけれども、再検証してみました。
 桂花ふぁんてん、太肉麺(ターローメン)950円。


そう、熊本ラーメンには散々煮え湯を飲まされ続けてきたの・・・
「きっと美味しいに違いない」「この一杯が瑠璃子の世界を変えるに違いない」
そう思って啜ったすべての杯に騙され続けてきました・・・。

でも・・・!!桂花だけは違ったのです!
先日友人に誘われて初めて訪れた桂花ふぁんてん
「お、美味しい!!」
それでも瑠璃子の疑いは容易には晴れませんでした。
「きっと何かの間違いで美味しく感じてしまったのに違いないわ・・・確かめなくては!じゅるる」 
というわけで再訪。

CIMG6159
アルタ裏の博多天神のはす向かい。ビルの地下1階と地下2階が桂花ふぁんてん店です。
 

豚の角煮が載った太肉麺(ターローメン)950円は1杯のラーメンとしては非常に高い!
CIMG6177
 けれどここは前回同様の太肉麺にせねばなりません。美味しかったからではなく、再検討しなくてはならないからです!じゅるり。


このお店、お水の代わりにプーアル茶が出てきます!
プーアル茶ほど美味しいお茶はこの世にない!
CIMG6163
 

出てくるまでの間に舐めるように桂花ラーメンの特徴が書かれた広告を眺め、「どこかに熊本ラーメン的な美味しくなさそうな部分はないか」としっかりチェック。
うむ、問題なし!「マー油」って桂花の発明品だった・・・?ほんと!?
CIMG6170

 

さあ、見るからに豪華絢爛なラーメンがすぐにやってきました。
CIMG6164
 熊本ラーメンの特徴は、ニンニクで豚骨臭さを消していることだそう。
確かにニンニクの香りが立ち込めて、大いに食欲が刺激されます。

麺は小麦々々していて実に香ばしい。キャベツは甘く、茎わかめはシャキシャキと歯に心地よい。
太肉はとろんと柔らかくねっとりと絡みつく味わいです。


うん。
本物だ。
これはやられました。
ありがとう火の国。
こんにちは熊本。

桂花の時代が始まりました。
桂花ラーメン 新宿ふあんてん
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅