P1190671

能登の山海の珍味丸かじり。
長かった金沢旅行記もこれでおしまいです。







春。
瑠璃子とノドグロは手をつないで一緒の大学の門をくぐりました。
ノドグロの怪我も記憶喪失もすっかり全快。実の兄妹というのも全くの勘違い。
浅草橋の友人は別の恋に熱を上げて、すっかり仲を取り戻しました。
「ノドグロくぅ~ん、瑠璃子はお魚のノドグロが食べたいよ~ぅ」
「こ~いつ~ぅ」
「うふふ」
「あはは」
二人一緒ならばどんな困難だって乗り越えてみせると瑠璃子は固く誓ったのでした。

☆☆応援ありがとうございました。瑠璃子大納言先生の次回作にご期待ください☆☆



・・・・・・能登の旅もそろそろおしまい。
鉄橋を超えて能登島に入ります。
P1190632



能登島は実に静けさに満ちていました。島をぐるりと一周する幹線道路は自動車がビュンビュンと通っていますが、その車窓から眺めた景色はとても落ち着き払っています。
海沿いに水田がある風景というのはあまり目にしない気がします。塩水が田に入り込んだりしないのでしょうか。
P1190651



賑やかな集落で昼食。船宿です。
P1190671


山盛りの刺身が出てくるかと思いきや大人しく、ちょっと拍子抜け。
しかし魚の煮つけがなかなかいい味。
一番左の小鉢も珍味に類する。
「これ、何ですか?」
「息子が山で撃ってきたイノシシ」
「へえ~」


この島はイルカの群泳が有名らしく、
「イルカクルーズ」
「本日の見られる可能性90%!」
といった立て看板が道路端を大いに飾り立てていました。


さて、七尾市に戻って車を返却。もと来た通り電車で金沢へとんぼ返りして旅の最終泊。P1190704
 


この晩も昨晩同様に宿のお部屋で飲み散らかしました。
そして翌日はもう昼には特急はくたかの車上の人。

え?ノドグロはいつ食べたのかって?

はくたかに乗り込む前に最後の食事として「近江町市場」へ。

「そういえばノドグロノドグロって旅の間じゅうやたらうるさかったわね」
「ほほほ。よっぽどご自慢なんでしょ」
「どうする?金沢人の自尊心を満足させてあげる?」
「しょうがないわね。それが東京の美少女に求められる役割なら」
P1190728
回転寿司と甘く見て、見事ノドグロにしてやられました。お、美味しい!!!


「瑠璃子ォ~私、(ノドグロが食べられる)金沢を離れたくない><」
「わぁあん><瑠璃子も」
P1190721
 

かくして金沢旅行記、凡そ八巻にして団円の幕引きでございます。チョンチョンチョンチョン・・・・

 
近江町市場寿し
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:回転寿司 | 北鉄金沢駅金沢駅