CIMG7430

「これより、第26回卒二郎式を始めます。卒業生起立!」
ザザッ!
「卒業生代表、瑠璃子大納言!」
「ハイ!!」
その顔に涙があった。しかし、迷いはなかった。

ラーメン二郎府中店。小ラーメンニンニクアブラ。600円。


 



年を追って二郎がキツくなってきました。
最近では満足よりも苦しさに悶える始末。
至近距離にある二郎インスパイヤ系「ラーメン大下高井戸店」にもめっきり足が向かなくなり、かつて遠路はるばる通った「ラーメン二郎法政大学前店」 や「ラーメン二郎府中店」にも全く赴かなくなりました。
モーニング娘。然り、AKB48然り、美少女という存在は「卒業」と切っても切り離せない存在なのに違いありません。

恐らく今後もたま~~~には、夜行性の虫のように二郎の黄色い看板に吸い寄せられることもあるでしょう。
しかし、その時の心には、「ああ、これは青春そのものではない、未練なのだ」との感慨がよぎることでしょう。

すでに瑠璃子の中の時代は変わった。だから宣言します、瑠璃子は二郎を卒業すると!
でもこれだけはお願いしたい!
「瑠璃子のことは嫌いでも、JIRO48のことは嫌いにならないでください!」



府中。通いなれた道をすすみます。
大國魂神社参道の巨木を見上げるのもこれが最後になるかもしれません。
瑠璃子「雨の日も風の日も通った、」
全瑠璃子「大國魂神社参道!!」
CIMG7424

 
瑠璃子「初めて来たときスナックビルやんけと驚いた、」
全瑠璃子「ラーメン二郎府中店!!」
CIMG7425

 
瑠璃子「何故か貼られていた東芝ラグビー部のポスター。その全員の強烈な、」
全瑠璃子「ジロリアン感!!」
CIMG7427
 

そうしたものすべてが懐かしく、愛おしく感じられます。
これほどまでに崇高な文化を、瑠璃子は捨て去ることが出来るのでしょうか。
いいえ、捨てさらねばならないのです。

瑠璃子「今日、私たちは、」
全瑠璃子「卒二郎します!!!!」



※あ~しかし久しぶりに食べた府中の味は、やっぱりさすがにインスパイア系とは一線を画した完成度の高さでした。割り箸並みの極太麺は歯ごたえを増していました。あ~あ、留年しようかな・・・。



 
ラーメン二郎 府中店
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 府中駅府中本町駅府中競馬正門前駅