CA3J0319

このところ韓国料理の要素が欠乏している!と体が求めたので(主として口が)、久しぶりに新大久保へ出かけました。
ハンヤン3号店でホルモンの鍋を補充。


 



なんということでしょう、この日はせっかく新大久保に出かけたのに、カメラを忘れて陽気な瑠璃子さん。
みんなが笑ってる・・・イヤよ!携帯電話で撮った写真がぶれていても、お日様よ、どうか笑わないで!
るーるるるーるー。

というわけで新大久保をぶらぶら歩き。相変わらずマダム連のガッツを感じる町です。。
小奇麗なお店が多いので、「大阪の鶴橋の方がよっぽど本場に肉薄してまっせ」と思いがちですが、新大久保は明洞、鶴橋は東大門市場を模していると思えばどちらも本場韓国によく似た街並みなのかもしれません。


さあ、韓国の栄養を摂取しましょう。
コリアンタウンの外れに近い「ハンヤン」というお店の3号店で、韓国青年の店員さんににこやかに誘われたので入店。
ところで「ハンヤン」は漢陽と書くのでしょうから、現地の音は「ハニャン」に近い・・・んですよね?(自信ない)


新規開拓の韓国料理屋では、味比べのためユッケジャンを頼むことが多い瑠璃子。
ここでもユッケジャンを、と思いましたが、どうしても気になる一品が。
「ホルモントッペギをください!」
ホルモン鍋といった料理のようです。


注文を終えて一息。韓国料理の楽しみの一つ、パンチャンが出てきました。
おお、日本の韓国料理屋の中では数の多い4品登場!
CA3J0318

これらを摘まんでいるとどうしても水分の補給が必要になるのが人間の摂理。
「すみませ~ん、瓶ビールください!」
「瓶ビールですか?今なら生ビールが1杯180円のサービスですのに」
「ば、バカモン!わ、わしは瓶ビールの味が好きだからによって瓶ビールはあるかと聞いたのであって、瓶ビールの方が生ビールより安いからそうきいたのではないのじゃ!!・・・生ビール下さい
昼から安い自尊心を悪徳で慰めました。
CA3J0321



さて、鍋がアツアツでおでまし。グツグツ煮えたぎる風情がたまらなく素敵。
CA3J0319

エゴマの葉の上にエゴマの粉がこんもりと。好きでもないけれど嫌いでもないので、すべて混ぜ込んで食べました。
土管のようなホルモンがいくつも入っており、美味しかったです。でももうちょっと辛くしてもらえば良かったかな。
御馳走様でした。

料理が980円、ビールが180円で1160円。


帰りに韓国スーパー「ソウル市場」でアミの塩辛を500グラム360円で買ってしまいました。
賞味期限はだいぶ先ですが、さて、これだけたくさんのアミをどうやって使おう・・・。
CA3J0327



 
ハンヤン 3号店
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:韓国料理 | 東新宿駅新大久保駅大久保駅