CIMG0147

鉄は熱いうちに打て。気になる幡ヶ谷の香福園にまたしても足を運びました。
今日は「冷やし」メニューではありませんが、やはりちょっと変わった一品を。
牛肉刀削麺炒め680円。 



 


つい先ごろも訪れた幡ヶ谷の香福園。
「べらぼう旨ぇや!」ってわけではないのですが、なんか気になっちゃう。
店員さんの中国のお姉さん方が妙ににこやかではきはきしているが素敵ですし、内装もある意味素敵。
中華料理屋らしからぬバーのようなカウンターが設けられ、テーブルクロスは何故かビロード・・・きっとバーかスナック跡地に居ぬき開店したに違いありません。

そうそう、こちらは居酒屋としての魅力も秘めています。
刀削麺等の一部を除いて、全品315円。これは鳥貴族の好敵手!今度是非宴会で来てみたい!
CA3J0309
 


とまあそれはおいておきまして。
刀削麺メニューとにらめっこ。
よし、決めた!
CIMG0154
 


「牛肉刀削麺炒めをください!」
さあ、これまで食べたことのない一品。
どんな味なのでしょうか。・・・と思いきや、一口食べてみて納得。
「うん。そういえばそうよね・・・。これ、焼うどん」
CIMG0150
 

拍子抜けしましたが美味しいのは確か。具材も多種多様。
きくらげ、牛肉、白菜、もやし、人参、玉ねぎ、筍、袋茸、マッシュルーム、キャベツ、ニラ、青梗菜。
それらを、茹で上げた刀削麺と一緒に炒めてあります。

うん、美味しい。
ただし残念なことに刀削麺を食べている感じがあまりしなかった

刀削麺という麺は、他の具が少なければ少ないほど生きる気がしました。
他の具材と一緒だと、刀削麺の幅広で肉厚な麺の食感が目立たなくなってしまいます。


本日の評価、高からず。
でも、香福園、まだまだポテンショナルなエナジーを秘めている予感がします。

 

帰りがけに幡ヶ谷の駅ビル(?)の中を覗いてみました。
すると面白そうな中華料理屋が。「龍口酒家」。
CIMG0156

 
漢方を大胆にアレンジした中華料理といった様子。ポスターを見るとすっぽんの姿蒸しなんてものまでありました。
CIMG0155


 幡ヶ谷。侮りがたいディープ・シティです。