CIMG1085

大阪土産は星の数ほどありましょうけれども。
どこの誰に持って行っても「ほほう、これは豪勢な・・・旨い!」
と喜ばれるのは「551蓬莱」の豚まんと焼売かと。

5年ほど前に知り、以来大阪や京都へ行くたびについつい買ってしまう魔法の食品。







日本を代表する焼売といえば?
関東の人ならば小学生だってこう答えるでしょう。
「横浜の崎陽軒!!」

瑠璃子も長くそう考えてきました。
ところが崎陽軒の牙城は盤石ではなかった・・・大阪の「551蓬莱」の激烈な攻勢。
安くてうまい!


こちら、「551蓬莱」の焼売10個入り。650円。崎陽軒のシュウマイの3倍はあろうかという大きさ。
1つ1つが赤ちゃんの握り拳くらいのボリュームです。
CIMG1088
 

そのまま食べても美味しいですが、軽くフライパンで炙ったりしても素敵です。
CIMG1090
 
これからは日本の焼売のトップになっていくかもしれません。
ただ、崎陽軒の練り上げられた上品で上質な旨みと比較すると、551は野趣溢れる肉の味といった感じ。
多少肉の生臭さのようなものまで感じられる印象もあります。

崎陽軒 対 551。
それはそのまま「お上品ざます」対「安いで!旨いで!」の東西対決になってきそうで面白いです。