CIMG2589
張之家に再び参上。
前回の炸醤麺がちょっとアレだったので、
「今度こそは中華4000年の技を見せつけてくれるのよね?」
というわけで冷やし担々麺に挑戦。


 



靖国通りの一本裏手にあるこちらの四川料理屋さん。
「ドカ盛りの刀削麺」という新境地を開こうとしているかの如き物量作戦が自慢です。
CIMG2606



刀削麺メニューが豊富。
こちらのメニューに載っているのは穏健な辛くない刀削麺という印象ですが、・・・
CIMG2566
 

人気刀削麺はこんな感じの姿です。真っ赤っ赤。西安系とは幾分違った雰囲気のメニュー。
 CIMG2587


う~ん、何にしようかな。よし、冷やし担々麺!
CIMG2593
本日もオシャレなカフェごはん的なお皿。おや・・・?
珍しく食べきれそうな分量です。前回盛大に残してしまったから、今日は控えめにしてくれたのかしら。
お皿の端にはこの店が何故かトッピングに大プッシュしている鶏の唐揚げが。


このお店の刀削麺はとにかく麺が分厚い。冷やしで出てくると固まったボンド並みの強力な歯ごたえ。
CIMG2601
う~ん、やっぱりこれは乳児と老人には優しくない麺の硬さ。上の写真の「?」みたいな部分は、お箸で持ちあげてもそのまま「?」を保つという激烈な硬さです。
それが不味いというのではないのだけれど、やっぱりちょっと生煮えというか、コシを追求しすぎなきらいはあります。そうねえ、半生のパスタとまでいうといいすぎだけれど・・・。


タレそのものは美味しい。
CIMG2603
ゴマは張家(紛らわしいわねw)の三椒涼麺ほどには主張していません。
しかしピリ辛のタレにじっくり濃厚な深みを与えています。
麺に絡めて食べると、ゴマが麺に負けてしまってしまっていますが、タレだけすくって舐めればゴマゴマしくクリーミーです。

途中でもう少し辛味がほしくなりました。
というわけで、前回同様にラー油の出がらしかと思われる卓上調味料をかけてみました。
でもやっぱり出がらしだと効果が薄い。
CIMG2583


そこで胡椒をかけてみたらどうでしょう。
すると!!
タレのクリーミーな部分がピシッと引き締まって、たちまち美味しくなりました。
教訓。張之家の冷やし担々麺は胡椒をかけて食べるに限る!!


ちなみに注文時に「辛くしてください♪」と頼もうかと思いましたが、四川の調理人にそんなことを言おうものなら、目をパンダよろしく白黒するだけでは済まない激烈な辛味が付加されるものと思われて試すことが出来ませんでした。

CIMG2568