uenozoo (16)
「あ!たれぱんだ

美術館にでも行こうかと上野に出かけましたが、ふと動物園に誘われました。



 



秋ですねえ。
爽快な空が都人士を戸外へと誘うではありませんか。
都人士の一人瑠璃子としては、どうしたって新明解国語辞典の語釈に従わざるを得ません。


新明解国語辞典(三省堂)第五版
どうぶつえん【動物園】
捕らえてきた動物を、人工的環境と規則的な給餌とにより野生から遊離し、動く標本として都人士に見せる、啓蒙を兼ねた娯楽施設。


よっしゃ、動く標本を見せてもらいましょう。上野動物園。
uenozoo (1)
 

・・・といいつつ、昔から動物園を素直に楽しめない瑠璃子なんですよね~・・・。
「今日も、檻の中の動物たちを目の当たりにしたら、人間社会を地獄の業火で焼き尽くしたくなってしまうかもしれない・・・」



記憶にある限り、上野動物園は初入園です。
入園したらすぐにパンダ舎。大トリが最初に出てきた感じで面喰いました。
uenozoo (3)


園内は幼稚園児の遠足ラッシュ。
どこに目をやっても、揃いの赤や青や黄の帽子をかぶったチビッコたちが、隊伍を組んでイチニッイチニッと闊歩しています。
う~ん、動物園ではホモサピエンスの幼体も大量に見られるんですねえ。キュート。


上野動物園は出入り口付近に大物を配置する攻めの動物園でした。
パンダの横にはアジアゾウ。それを眺めるホモサピエンスの群れ。
uenozoo (2)

 

インドやタイの絵画で、好々爺的笑顔のゾウをみることがありますよね。
あれって写実的表現だったんですね。どのゾウもにやけた横顔に見えました。
uenozoo (6)
 


ふと我に返れば、久しぶりの動物園を結構楽しんでいます。

「ってことはつまり、人間中心主義的思考を獲得したってことよね!
やった!
ビバ、ルネッサンス!ビバ、近代の萌芽!!」

ですが、お猿さんの憂いに満ちた顔はやっぱりまだ直視できません。
uenozoo (4)




バクってこんなに世を拗ねた悪い顔つきでしたっけ?
ちょっとこれも直視できません
uenozoo (8)



その点爬虫類は気楽。彼らは微動だにせず、感情を表に出すこともありません。
「何を考えてるのかしら・・・分からないわねえ・・・」なカメレオン。
uenozoo (13)


そして万が一川で遭遇でもしたら怖すぎるオオサンショウウオ。抱き枕サイズです・・・。
uenozoo (12)



 不忍池からはスカイツリーがかすんで見えました。江戸の浮世絵にありそうな遠景の霞み具合。
uenozoo (14)

 

小動物体験コーナーで、女子高生の集団と一緒にハツカネズミとじゃれ合いました。
女子高生が集まるところお祭りあり。
「あ!この子、手の上でウンチした!」「キャハハwwかわい~!!ww」
uenozoo (9)
 


ハシビロコウの怪しすぎるお顔まで堪能して、動物園をあとにしました。
uenozoo (15)
 


結局、楽しめちゃいましたね。瑠璃子も大人になったということだと思います。
すぐ隣の上野東照宮には、韓国語、英語、中国語、フランス語と世界各国語の絵馬が。
眺めているだけで楽しい。
uenozoo (18)
 

美術館や音楽堂がひしめくわりには何故かあまり文化的な香りを感じない上野界隈なのですが、秋の日の行楽にはうってつけでありました。
uenozoo (19)