nipponika
初台で開催中の「五線譜に描いた夢 ─ 日本近代音楽の150年」に興味をお持ちの方ならば、この演奏会も見逃せません!
オーケストラ・ニッポニカの第24回定期演奏会。
2013年11月24日午後14時30分、四谷の紀尾井ホールにて開演予定です!
 

オーケストラ・ニッポニカはアマオケですが、
「その辺の市民オケや大学オケと同じレベルとは思わないで頂戴!」的にお上手。

そのうえ曲目の志が高い。日本近代西洋音楽作品の上演に熱心です。
というよりは埋もれた日本人作曲家の作品の発掘演奏を目的として設立されたものだろうと思われます。
数年前は何故かドイツロマン派を演奏するなど迷走しているように感じましたが・・・。
最近は徐々に迷妄から解き放たれつつあるようです。


もう何年前になるんでしょうね、信時潔作品の音源を求めていた際にこのオーケストラを知りました。
知ってすぐに演奏会へ馳せ参じました。
その時聴いた曲が橋本國彦作曲オーケストラとソプラノ独唱のための「笛吹き女」。
甘いロマンと実験色の美しい混交に雷に打たれたような心地がしたものです。


今回、なんと「笛吹き女」再演ではありませんか!
予定があって苦しいのですが、何とか会場に駆けつけられたらと思います。

お近くの方、是非!


ちなみにオーケストラ・ニッポニカHPはこちら。