aka (3)
気づけば今年もはや年の暮れ。
ロリ先生・ギャル先輩と久しぶりにお酒を呑みました。
友人の結婚式やなんやで最近は飲むとなると何故か赤坂が多いです。


 



赤坂。長らく縁もゆかりもない町でしたが、最近イメージが固まってきました。 
韓国料理・中華料理が多い好ましい町。でありながら、・・・
aka (1)
 ↑こういうところは非常にいけ好かないw


なんていうんでしょう、「すかしてんじゃないわよ」みたいな~?
aka (2)


「ロリ先生、何を食べましょうか?」
「う~ん、たまにはド和で攻めてみる?」 
北陸料理と天ぷらのお店「しな川」に入る。

「韓国料理溢れる巷に集いながら和食屋に入るとはこれいかに」
「赤坂にありながら店名が「しな川」であるが如し」
「お上手ですなあ!ささ、先生。一献」
aka (4)
 

刺身をつまんでみると厚切りの身がねっとりと美味。
aka (5)
 

「へしこ」なる一品を頼んでみました。
鯖の糠漬けなのだそうで、これが実に塩辛く糠々しく、大人の味であり酒の友であります。
aka (6)


塩炒り銀杏。銀杏のつややかなテクスチャは実に愛らしいものですよね。
aka (7)


最後にかき揚げをカリッと齧っておしまいとなりました。
aka (8)


なんといえばいいんでしょうか、実に上品そのもの。
これは常日頃とは全く傾向の違う食事をしてしまいました。

「先生、実に体内が浄化されたる心地ぞしますなあ!」
「こうなると体内を唐辛子で真っ赤に虐めたいわね!」
「わあ!期待でゾクゾクする!」
酩酊した脳味噌が二次会の危険性を察知するはずもなく。
結局は韓国料理屋でチャミスルに溺れました。
aka (9)
 


 
赤坂しな川
夜総合点★★☆☆☆ 2.5

関連ランキング:割烹・小料理 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅