CIMG5267
星界の戦旗5、「宿命の調べ」。本日3月22日発売。
どの本屋にも無く、出る出る詐欺に遭ったかと思いましたが、新宿で無事ゲット・読了。
アマゾン↓
星界の戦旗V: 宿命の調べ (ハヤカワ文庫JA) [文庫]



「次巻後書きには、今回はあまりお待たせせずにすみましたと書けるのではないかと・・・」と著者森岡浩之氏が第四巻の後書きに書いたのが2004年。

・・・・・・今2013年・・・。
ようやく第五巻が出ました。
はたしてどんな言い訳をするかと後書きから読んだ人も多かったに違いありません。
瑠璃子もその口。読む前にいろんな後書きのケースを予想しておりました。
「今回、後書きに謝罪を期待して最初に読む人が多いに違いない。悔しい。なのでネタバレ満載の後書きにしてやる」 的ないわゆる「逆ギレ」がありうる、とか。
しかしこの作者の飄々たるギャグ精神は、そんな中途半端なものではありませんでした。
「本当にそのネイティブアメリカンは存在するんでしょうねえ?ww」 と怒りながらも思わず笑ってしまう秀逸な出来でした。

それにしても8年強・・・。
作者にもいろんなことがあったようですが、瑠璃子にもいろんなことがありました。

・・・そして印刷技術にもいろんな進歩があったのだなあ。
ルビ。フリガナ。
通例ルビの場合、「ヤ」と「ャ」等、文字の大小は区別されない・・・のは昔のことになっていたのですねえ!
五巻を読みながらふと気づくとそれまでとルビが変わっており、家に帰ってすぐさま既刊と見比べてみましたよ。

えええ~!!??
「巡察艦」って、「レスイー」じゃなくて「レスィー」だったの!!??
びっくらぽん・・・。

思えば人間の文化的な無自覚とは恐ろしいものですねえ・・・。
たとえば既刊では「フリユーバル」と書かれていた「帝国」のことは、五巻のルビ同様に「フリューバル」と読んでいました。携帯電話的個人端末である「クリユーノ」も五巻ルビの通り「クリューノ」と読んでいました。「フアサンゼール」も「ファサンゼール」、「アローシユ」も「アローシュ」、「スピユート」も「スピュート」・・・。
既知の外来語に似ている語は、ちゃんと正しく拗音化して読み取っていたんですよね。
ところが「レスイー」は、瑠璃子の頭に似たような外来語が無かった。そこで「レスイー」は「レスイー」のままに読んで、「レスィー」とは読み取らなかった・・・。面白いものです。

それにしてもルビに限らずとも、表記の問題というのは実に面白いものです。
誰が書いたのだったか、とあるエッセーに表記に関する面白い話がありました。
ローマ帝国の有名な皇帝「アウグストゥス」。このように表記する歴史は浅く、古くは「アウグスツス」と書いていたのだそう。
そこから悲劇が生まれます。エッセーの著者が中学か高校生だった時、歴史の先生がこの皇帝の名を、
「アウグスッスは、」「アウグスッスによって」と連呼・・・
・・・まあそれだけの話なんですが、ルビの進化にはその先生の怨念も籠っているに違いないと、ちょっと感動するものがありました。
漱石も「吾輩は猫である」の中でクシャミ先生に、番茶の訳は「サベージチー」(蛮茶)と妙なギャグを言わせておりますが、大学・大学院の英語教師であった漱石が「さべえじちい」という悲惨な発音をしていたと思ってしまいかねないこの部分、音読するときはちゃんと英語風に「サベージティ」と読むべきなのでしょうね。そもそも「テ+ィ」でティと読ませるのも「決め事」にすぎないわけですよね。
大江健三郎の「テレヴィ」にはぎょっとするのに、「ヴァイオリン」はすっかり慣れっこになっているのも不思議なもの。最初に「ヴァイオリン」が出た時には「おい、なんだこれ」だったのではないかなあなんて思います。

閑話休題。
星界の戦旗Ⅴ。
第一部完とあるだけあって、四巻の終わり方のような宙ぶらりんにはなっていません。
スターウォーズ第一作(4?)の「戦いに勝ったね、良かったね」「でも帝国との決着はまだまだだね」な感じに似ています。もっとも星界の戦旗では主人公が帝国であり、「戦いに負けたね、困ったね」な第一部完なわけですが。
ラフィールの弟、ドゥヒールの存在感がやたらと増しています。
ただしこの少年はフロド・バギンズ並みに真面目で陰にこもりがちな性格なので、楽しく読み進められる感じではありません。
ラフィールとジントの夫婦漫才も「二人も大人になったのだった」となりをひそめてしまい、正直なところ楽しみどころが少ない一冊です。
そんな中、やっぱりこの人、スポールの惑乱の淑女が出てくるとニヤニヤして読めてしまいますねえ。
相変わらず逆境的な戦況を任されるという、かなり貧乏くじなお姫様ですが、ギリっと小指を噛んでこれからも張り切ってください。

そんなこんなで適当な感想はさっさと終えるがよい!であろ?



以前こんな記事も書いてました。
SFライトノベルな雑談0922